プレスリリース・お知らせ

康京和(カン・キョンファ)国連事務次長補が2015年3月16日、防災シンポジウムにご出席

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録
康京和 連事務次長補

康京和(カン・キョンファ)国連事務次長補

国際NGO、AAR Japan[難民を助ける会]と福島県相馬市が3月16日(月)午後、相馬市民会館にて開催する防災シンポジウムに、康京和 国連事務次長補兼 緊急援助副調整官が来賓として参加されます。韓国出身の康氏は、大規模災害時の国際救援活動を統括する国連人道問題調整事務所(OCHA)を代表して、3月14日より仙台市で開催される「第3回国連防災世界会議」に出席するため来日予定です。

3月16日午後に相馬市での防災シンポジウムに参加しますが、これに先立つ同日午前には、相馬市長表敬訪問、沿岸部の津波被災地視察、仮設住宅での被災者の方々との交流を予定しています。

趣旨

世界の防災戦略を議論する「第3回国連防災世界会議」に合わせて開催する本シンポジウムでは、福島県相馬地方が地震・津波・原発事故の複合災害を経て学んだ教訓や、4年にわたる復興の過程で取り組んできた防災・減災対策を報告いたします。また本シンポジウムでは、国連を代表して、康氏より福島県の被災者の方々へのメッセージを頂戴することとなっています。

3/16(月)~相馬地方防災シンポジウム~

日時 2015年3月16日(月) 午後1時30分~午後5時
会場

相馬市民会館
福島県相馬市中村北町51−1

アクセス
参加費 無料
お申し込み

お電話、FAX、メールにて下記事務局までお申し込みください。

お申し込み先
AAR Japan 防災イベント係
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
aarfk@aarjapan.gr.jp

主催 AAR Japan[難民を助ける会]
共催 相馬市、社会福祉法人 さぽうと21
後援 国連人道問題調整事務所(OCHA)、外務省、2015防災世界会議日本CSOネットワーク、福島民報社、福島民友新聞社
内容 地元の有識者による講演を中心とした2部構成のシンポジウム。
同時通訳あり。

シンポジウムについての詳細はこちらをご覧ください。

同時に本シンポジウムと、前日開催の民謡コンサートへの参加を含めた、被災地バスツアーも実施いたします。 全国に呼び掛け、県内外問わず、ご来場いただいたすべての方に、高い防災意識を確立するための貴重な機会をご提供します。

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】

担当:宮崎・高木

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)