プレスリリース・お知らせ

5月15日のNHKニュース「おはよう日本」でのインタビュー放映について

2015年05月15日  メディア掲載情報
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

今朝(5月15日)のNHKニュース「おはよう日本」で、新しい安保法制に関する理事長の長有紀枝のインタビューが放送されました。コメントがごく部分的に使われておりましたため、以下に発言の大意をご紹介いたします。

記者の方のご質問は、今後難民支援を行う際にNGOとして自衛隊と協力したいか、というものでした。以下、長の回答の概要です。

「中立を担保されている軍隊であれば、支援活動のためであれば協力したい、情報交換であれば協力したいと思っている人たちもいると思う。しかし、紛争当事者とみなされる米国やその同盟国に対して、「後方支援」であれ何であれ支援活動を行い、紛争当事者である米軍や他国の軍隊と同一視されることになれば、私たちは、そうした自衛隊とは、あらゆる意味で、距離を置き、一線を画した活動をしていくことになると思う。」

 安保法制に関する見解につきましては、長のブログ、

「新しい安全保障法制を考える―『人間の安全保障』の視点と、人道支援に携わるNGOの立場から」

でご紹介しております。ぜひ併せてご参照ください。

【このに関するお問い合わせ】

担当:広報担当
TEL:03-5423-4511

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)