プレスリリース・お知らせ

NHK日本賞シンポジウム~映像作品から難民を考える

2016年09月23日  お知らせ
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

10月6日(木)、立教大学とNHK主催の「NHK日本賞シンポジウム~映像作品から難民を考える~」に、AAR Japan[難民を助ける会]理事長の長有紀枝と、AARシリア難民支援統括の景平義文が登壇します。このシンポジウムは、NHKが主催する教育コンテンツの国際コンクール「日本賞」に出品された映像作品を題材に、国際的な課題の現状に触れ、国際理解を深めることを目的にしたものです。

難民というテーマについて、私たちはどう向き合い、何ができるのか。2015年、日本賞最優秀賞ノミネート作品「Refugee Republic」を見ながら、国連広報センター所長の根本かおる氏とともに語ります。
一般の方もご参加いただけます。ぜひご参加ください。

NHK日本賞シンポジウム~映像作品から難民を考える

日時

2016年10月6日(木)午後6時30分―午後8時30分(午後6時00分開場)

会場

立教大学池袋キャンパス 8号館1階 8101教室
(東京都豊島区西池袋3-34-1) 
JR・東武東上線・西武池袋線・東京メトロ丸ノ内線/有楽町線/副都心線「池袋駅」西口より徒歩約7分。

主催

立教大学、日本放送協会

お申し込み 下記ホームページよりお申込みください

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)