プレスリリース・お知らせ

アフガニスタン難民支援の現場で見たこと、感じたこと

2017年06月27日  お知らせ
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

7月12日(水)、東海大学教養学部国際学科国際理解講座(公開講座)「アフガニスタン難民支援の現場で見たこと、感じたこと」に、AAR Japan[難民を助ける会]元パキスタン駐在員の北朱美が登壇します。AARはパキスタンのハイバル・パフトゥンハー州にて、アフガン難民およびその受け入れ地域の住民の生活環境を改善するため、井戸や手洗い場、給水タンクなどの設置と、教師や保護者、児童に対する衛生教育活動を行っています。
本講座はどなたでも受講できます。国際協力の現場のリアリティを知り、自分にできることを考えてみませんか。

この講演はNGO相談員制度を利用して実施します。

アフガニスタン難民支援の現場で見たこと、感じたこと

日時

2017年7月12日(水)午後1時25分―午後2時55分

会場

東海大学湘南キャンパス 13号館204教室
(神奈川県平塚市北金目4-1-1) 
小田急線「東海大学前」駅下車徒歩約15分、または『秦野駅行き』『下大槻団地行き』バス(約5分)で「東海大学北門」下車すぐ

参加費

無料

定員

30名(先着順/申込み不要)

主催 東海大学教養学部国際学科

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)