活動詳細(カンボジア)

カンボジア 障がい者のための職業訓練校

プノンペン市内で物乞いをする障がい者とその家族

プノンペン市内で物乞いをする障がい者とその家族

カンボジア

カンボジアでは、アンコールワットに代表される観光地やマーケット、外国人が集まるカフェやレストランの周りで障がい者が物乞いをしている姿をよく見かけます。カンボジアに何名の障がい者がいるのかを示す正確なデータはありませんが、人口のおよそ15%を占める約200万人の障がい者がいるといわれています(2004年World Vision Annual Report)。

カンボジアで障がいを持つ原因のひとつとして、地雷問題があげられます。内戦が終わって十年以上を経た今でも、年間600名~800名を超える方々が地雷を踏み、四肢や聴・視覚に障がいを持つに至っています。また、感染症や病気の後遺症による障がい者だけでなく、広く普及しているバイクの事故被害者数が年々増加傾向にあるといわれています。

年々増え続ける障がい者の数に比べて、カンボジアの障がい者への公的支援はほとんどありません。また、障がい者に対する差別も社会に根強く残っています。障がいを持つことで失業、そしてそれが即座に貧困につながり、また次第に社会から孤立していくという方も多くいます。

より支援の届きにくい人々へ支援を

AAR Japan[難民を助ける会]は、1988年からタイ・カンボジア国境の「サイトII」難民キャンプで活動しておりましたが、そこで出会った多くの障がい者の存在そして彼らに対する支援の少なさに衝撃を受け、車いす配付やリハビリテーションの一環として職業訓練を開始しました。難民キャンプ閉鎖後は首都プノンペンに事務所を開設し、障がい者の自立を目指して「職業訓練校」「車いす製造・配付」活動を続けています。

2006年10月、事業の自立努力の一環として事業を現地法人化しました。2006年12月現在、AARは現地化したカンボジアNGOへ財政的・人的支援を続けています。

職業訓練校 ~生涯役に立つ技術と自信を~

時代に合わせた3コース

障がい者自らが職業を得ることで生活を安定させ、自分の力で生きていけるようにするお手伝いをするために、AARは1993年に職業訓練校を開設しました。職業訓練校は年間約40名の障がい者を対象にしており、毎年1月に開講して12月に卒業式を行います。生徒はプノンペン市内とその周辺の9県から募集します。コースが終了するまでは寮に住み込み、皆で生活します。職業訓練コースの内容は時代に合わせて変化を繰り返し、2007年10月現在は電子機器修理コース、バイク修理コース、縫製コースを開設しています。技術の進歩が目覚しい電子機器修理コースでは応用コースを設け、携帯電話の修理なども教えています。

2005年までの卒業生の数

コース 人数 備考
車いす製造 10 1993年のみ設定
革製品製造 27 1993-1994年設定
籐製品製造 20 1993-1994年設定
すず細工 16 1994-1995年設定
ラジオ・テレビ等修理 121 1995年より現在
バイク修理 114 1995年より現在
養鶏 17 1995-1996年設定
縫製 55 1999年より設定
合計 435  

生徒会活動で自信を取り戻す

電子機器修理コースの様子

電子機器修理コースでは、電子回路の勉強をしてからテレビやラジオ、 DVDプレイヤーなどの修理方法を学びます。(写真提供:http://www.michaelbierman.net

しかし職業技術を身につけるだけでは、なかなか経済的な自立につながりません。特に女性の障がい者のなかには小学校に通う機会がなく、字の読み書きや足し算・引き算ができない方もいます。また、学校で障がいが原因でいじめられたり、親に捨てられたりした経験から自信を持つことが出来ず、接客をするのが怖いという方もいます。

彼らが自立して生きていく気持ちを取り戻し自信をつけてもらうために、AARはさまざまなプログラムを用意しています。例えば、職業技術訓練コース開始前に3ヵ月間の識字教育コースを設けて基礎的な読み書きと算数を教えます。短期のビジネスコースを設けて接客の練習をする機会を作るだけでなく、卒業前には実際に店舗に出て実地訓練を行います。

クメール語の読み書きや算数を勉強します

カンボジアで使用するクメール語の読み書きや算数を勉強します。(写真提供:http://www.michaelbierman.net

また、生徒会を結成し、生徒が自ら活動を計画し実行に移すことを推進しています。ディスカッションの場を設け、自分の考えを発表する場を作りだすのです。リクリエーションやスポーツを通して友達を作り楽しむ場も提供しています。生徒からは、「初めて友達ができた」「みんなの前で意見を述べて、拍手をしてもらったのは生まれて初めてでした。とても嬉しかった」との感想が寄せられています。

コミュニティ型支援

バイク修理コースの徒弟制度

師匠となる卒業生はボランティアで先生を引き受けてくれています

2004年から首都プノンペンに来られない障がい者に対応するために、地域型支援として徒弟制度を開始しました。職業訓練校の卒業生を師匠として、訓練生が師匠のお店に弟子入りします。現在は、バイク修理コースと電子機器修理コースを徒弟制度でも実施しています。実地訓練を行うので、短期間で技術を身につけることができます。

細やかなフォローアップが特徴です

縫製コースの卒業生

職業訓練校を卒業後、自宅でバックなどを縫製して売っています(写真提供:http://www.michaelbierman.net

職業訓練校を卒業した生徒の多くは地元に帰り、学んだ技術を活かして小さな店舗を始めます。商売を始めるのに必要な最低限の道具類や看板はAARが寄付しています。訓練生はビジネスに関して初心者がほとんどなので、お店が軌道に乗るまでフォローアップをしています。専門の調査員が卒業生一人ひとりのお店を卒業後1年間に最低3回は訪問し、ビジネスやその他の相談にのっています。1年が経った後でも必要があれば、いつでも調査員が相談にのりきめ細かい対応を心がけています。

その成果もあってか、2006年度の卒業生の平均収入は1.25ドル(1日)でした。1日2ドル以下の収入を得る人が大半を占めるカンボジアですが、この収入額は決して高い金額とは言えません。しかし、今までは家族に頼りきりで生活していた人がお小遣い程度とはいえ自由に使えるお金を自分で稼いだという充実感、そして「役立たずと思われていた」人がお金を稼ぐことで周りの視線が変わった、という金額では測ることのできない効果を生み出しているのです。

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)