AARのシリア難民支援活動

食糧支援 地雷・不発弾回避教育


コミュニティセンターの運営 障がい者支援


子どもの保護


食糧支援

食糧支援

シリアでは、長期化するシリア危機のなか、戦闘や攻撃に巻き込まれる危険と隣り合わせで地元に住み続ける人々、戦闘の激化により国内を転々と避難する人々、軍隊による居住地域の包囲作戦により避難すらできない人々など、先行きの見えない中で困窮した生活を強いられる人々が多くいます。その中でも食糧の欠乏は著しく、国連人道問題調整事務所は、食糧や燃料価格の高騰、シリア通貨価値の暴落、市場へのアクセスの欠如、農業生産性の低さなど、さまざまな理由により、2017年には約900万人が食糧不足に陥るとしています。AARでは栄養価および品質の検査を行った米、小麦粉、豆類など、シリア人の食生活に欠かせない17品目の食糧を、食糧不足に苦しむシリア国内の人々に配付しています。2014年10月から2016年12月までに約18万人に食糧を届けました。食糧を受け取った人々からは、「食事の回数・量を減らさなくてすむようになった」、「食糧を買うためにお金を借りたり子どもたちが働かなくてすむようになった」などの声が寄せられています。

地雷・不発弾回避教育

地雷回避協力

「不発弾(※1)に色を塗って、花瓶のかわりにしている」。
AARの活動の中で、人々から驚くような情報が寄せられることがあります。中東の国々というと、「危ない国々」というイメージを皆さんお持ちかもしれません。シリアの人々は2011年に内戦が始まるまで大きな戦乱はなく、平和な生活を送っていました。そのため、日本の多くの人と同じように、「地雷」「不発弾」などの言葉に接することもなければ、見たこともなかったシリア人がほとんどでした。ところが、6年にもわたる内戦の間に、状況は一変しました。おびただしい数のクラスター爆弾(※2)が、人々が生活しているすぐ近くに降り注ぐようになったのです。そして、多くの人々は、地雷や不発弾に関する知識を持ち合わせていません。

「死亡」「片足切断」「片目失明」「両手指先切断」。
AARの調査で、多くのシリアの人々が、地雷や不発弾などに不用意に触ってしまい深刻な被害を受けていることが分かりました。その影響は被害者本人だけに留まりません。一家の大黒柱を失って経済的に困窮したり、重い障がいを負った家族のために常に日常生活で全面的な介助をしなければならなくなったり、家族全員が大きな影響を受けてしまいます。
AARは地雷や不発弾についての知識を広め、被害にあわないようにするための講習会を地域の人々に開いています。危険物に関する正しい知識を伝えることで、悲しい思いをする家族や被害者を減らすことができます。講習会では、参加者が事故の話を共有してくれます。「家の庭に落ちた不発弾を処理しようとして、おじさんがなくなった」「クラスター爆弾が何か分からずに、持ち上げたら爆発して指を失った」。悲劇は枚挙にいとまがありませんが、これらの事故の多くは、正しい知識さえもっていれば防ぐことができたものです。これまで約8,000人が講習会に参加しましたが、参加者が学んだことを家族や地域の人々と共有し、被害の拡大を防ぐように活動を進めています。

    ※1. 爆発しないまま地上に残っている爆弾。クラスター爆弾の子爆弾や手榴弾、迫撃砲の弾丸などがよく不発弾になり、戦争が終わった後も、人々の生活に深刻な被害を及ぼし続けています。
  • 詳しくはこちら
    ※2. 大きなひとつの爆弾(親爆弾)の中に、数発から数百発の小さな爆弾(子爆弾)が詰め込まれています。爆撃機などから投下された親爆弾が空中で爆発し、中身の子爆弾を地上にまき散らして、広範囲に被害を及ぼします。多いときには子爆弾の約4割が不発弾として残ってしまうこともあると言われています。
  • 詳しくはこちら


コミュニティセンターの運営

コミュニティセンターの授業風景

シリア人の隣国トルコでの避難生活は長期化しています。既に何年もトルコで生活している人が多く存在します。故郷を離れた他国での生活にはさまざまな困難が伴います。シリアでは簡単にできることも、制度が異なり言葉も異なるトルコではできないことが多くあります。例えば、病院に行っても言葉が通じず、症状を上手く伝えられず適切な治療を受けられないということが起こっています。そのため、AAR はコミュニティセンターという施設を開設し、シリア難民が困っていることを何でも相談できるようにしました。センターの職員がシリア難民一人一人の相談を聞き、問題を解決できるように支援をしています。 また、センターではトルコ語やアラビア語、英語などの講座も提供しています。トルコ語を身につけることはトルコで生活を送るには不可欠です。そして、学校に通ったことのない子どもたちが増えているため、母国語であるアラビア語の読み書きを教えることの必要性も高まっています。

お絵かきする子どもたち

センターはシリア難民だけが利用する場所ではなく、トルコ人も利用できます。シリア難民とトルコ人の間の緊張が高まる中、互いに交流し、理解し合うことは非常に重要です。誰でも参加できるイベントなどを実施し、両者の距離を縮める活動を行っています。
2014年6月から2016年6月までに約7,000人がセンターを利用しました。

障がい者支援

車いす

シリア難民の中には障がい者が多く存在します。これらの障がい者は大きく3つのグループに分けることができます。1つ目のグループは内戦の前からもともと障がいのあった人です。これらの人々はシリアでの生活では受けることのできた治療やリハビリ、地域社会からのサポートを受けることができなくなり、日常生活での負担が大きくなっています。2つ目のグループは内戦で怪我をし、障がいを負った人です。適切な治療を受けることができず、麻痺などの障がいが残っているケースがあります。3つ目のグループは、トルコでの避難生活の中で障がい者となった人です。特に高齢者に多く見られます。避難生活では外に出歩く機会が減少するため筋力が衰え、歩くことができなくなってしまう人がいます。

補助具

このような障がい者に対して、車いすや杖などの補助具や、シリア人理学療法士によるリハビリを提供しています。補助具を使うことによって日常生活での負担が減り、リハビリによって機能を回復させることができます。また、家庭内でリハビリを続けられるように、障がい者の家族に対してリハビリ方法の指導も行っています。 2013年2月から2016年6月までに約1,500人の障がい者を支援しました。



子どもの保護

アテネ港に並ぶテント

トルコから海を渡りギリシャにたどり着く人の中には、親などの保護者がおらず、1人で移動している子どもたちがいます。例えば、10歳の子どもが遠くアフガニスタンから1人でギリシャにまでやってきています。こうした子どもたちに対しては、彼らの身の安全を確保するために特別な支援が必要です。特に、現在はギリシャから先に進むことができなくなり、子どもたちも行先を失っているため、彼らを保護する施設が必要となっています。現在AARは、キオス島においてこのような子どもたちのための施設を開いている現地NGOを通じて、保護者のいない子どもたちを支援しています。



難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)