インド


ヒンドゥー教徒が多数派を占めるインドの中で、北部のジャンム・カシミール州では、イスラム教徒が多数派となっており、ヒンドゥー教徒との間で衝突が頻発しています。インド政府による日常生活の厳重な管理が行われる中、イスラム教徒の女性を中心に、極度の社会的・経済的困難に陥り、不自由な生活を強いられる人も少なくありません。 AAR Japan[難民を助ける会]では、現地の伝統工芸技術を活かし、困窮する現地女性の支援を行っています。

インドでの活動内容

女性の収入創出支援

現地の専門家と協力し、極度の貧困状態にある女性を対象に、世界的にも有名なカシミール地方の刺繍技術の研修を行っています。将来的には、市場のニーズに合った作品の製作や販路開拓なども側面支援し、持続的な収入が得られるようになることを目指しています。

2017年

1月 伝統工芸製作技術向上を通じた貧困女性エンパワメント事業を開始

2015年

12月 現地協力者と協議を行い、貧困女性のエンパワメントを中心とした支援事業の実施について合意

2014年

9月 同州において発生した洪水・土砂災害について、現地協力者を通じて緊急支援物資を配布

8月 ジャンム・カシミール州にて事業形成に向けた現地調査を実施

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)