地雷を禁止する取り組み

国際条約

国際社会には、地雷やクラスター爆弾の製造や使用を禁止する条約があります。「対人地雷禁止条約(オタワ条約)」は1999年3月に、「クラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)」は2010年8月に、それぞれ正式にスタート(発効)しました。
これらの条約は、対人地雷の問題に取り組んできたICBL(地雷禁止国際キャンペーン)など、数多くの団体が、さまざまな国々の政府と協力しながら作りました。政治家ではない、普通の人たちが、条約作りに参加したことは、当時としてはとても新しいことでした。1997年、ICBLは対人地雷廃絶への活動が評価され、ノーベル平和賞を受賞しました。

日本でのキャンペーン

AARは、1996年に地雷廃絶キャンペーン絵本『地雷ではなく花をください』(絵・葉祥明、文 ・柳瀬房子 発行・自由国民社、61万部発行)を刊行したほか、3回にわたってNGO東京地雷会議を主催し、地雷の問題を訴えてきました。ICBLの一員として、対人地雷禁止条約の成立にも貢献しました。近年では、2014年に対人地雷全面禁止議員連盟の総会で、アフガニスタン、スーダンの現地スタッフから地雷問題の実情やAARの活動について報告をしたり、2015年1月には「女性と地雷」をテーマにした写真展の開催、同年2月には地雷をテーマとした荻原麻未さんによるチャリティコンサートを開き、女優宮沢りえさんをお招きして絵本『地雷ではなく花をください』の朗読をしていただきました。

ページの先頭へ
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)