プレスリリース・お知らせ

11/12 (土) シリア危機で再燃する地雷・クラスター爆弾問題を考えるシンポジウム

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

国連・政府・メディア・NGOがともに考える

本年、対人地雷禁止条約とクラスター爆弾禁止条約の署名式からそれぞれ19年、7年が経過します。2つの禁止条約の成立以降、地雷とクラスター爆弾の使用や製造、その被害は、着実に減少してきました。しかし2014年以降は被害者数が一転して増加。最大の要因は、2011年に勃発したシリア危機です。

シリアでは、政府軍が2012年7月から今年7月の間に、少なくとも360 回のクラスター爆弾を使用し、昨年は248 人の被害が報告されています(「クラスター爆弾モニター2016」)。また、510万人以上が、政府軍や反政府軍、IS などによるクラスター爆弾などの爆撃やその不発弾、地雷、即席爆発装置といった兵器の脅威にさらされています(ハンディキャップ・インターナショナル、2015年5月発表)。そしてこれは、紛争中だけの問題ではありません。地雷や不発弾の除去には、紛争終結後、少なくとも30年以上の歳月がかかると見込まれており、その間絶え間なく、住民の命を脅かし、難民・避難民の帰還と復興を阻み続けます。

シリア危機とともに、地雷やクラスター爆弾をなくそうという20年にわたる国際社会の挑戦は、転換点を迎えています。こうした現状を前に、長年にわたり地雷・クラスター爆弾問題に取り組むとともに、2012年からシリア難民支援を実施している国際NGO・AAR Japan[難民を助ける会]は、再び深刻化する地雷・クラスター爆弾問題の解決に向け、国連、政府、メディア、NGO がともに考えるシンポジウムを開催します。

シンポジウムでは、被害者の声も含め、地雷とクラスター爆弾問題の現状を明らかにし、各セクターの取り組みを報告するとともに、今後求められる行動を探ります。 ※英語→日本語の逐次通訳付き

登壇者プロフィール

event1611_2124_Ms Marcaillou.jpg

アニエス・マカイユ 氏 (国連地雷対策サービス部部長)

2012年4月より現職。26年間の国連勤務の中で国連軍縮局地域軍縮課長、化学兵器禁止機関官房長、国際連合大量破壊兵器廃棄特別委員会(イラク)、国連事務総長副広報官、国連カンボジアミッション明石特別代表の補佐官等を歴任。経済学学士、法学、政治学修士のほか、フランス国防高等学院フェロー、NATO・国連軍縮フェローシップ。1958年8月生まれ。

event1611_2124_Mr hirota.jpg

廣田 司 氏  ひろた つかさ (外務省国際協力局 緊急・人道支援課長)

外務省入省後、カナダ・インドネシア・豪州大使館で勤務。本省では、PKO・軍縮不拡散・国際情報分析などに携わる。2015年4月から現職。国際緊急援助隊の派遣を始めとする二国間の支援や、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)、WFP(国連世界食糧計画)、UNMAS(国連PKO局地雷対策サービス部)など人道支援に携わる国連機関を通じた支援を統括している。

event1611_2124_Mr degawa.jpg

出川 展恒 氏  でがわ のぶひさ (NHK解説委員)

1985年、東京大学教養学部卒業、NHK入局。1990年から国際報道(主に中東、イスラム世界)に携わる。テヘラン、エルサレム、カイロ、バグダッドの各支局長を歴任し、2006年より解説委員。中東和平プロセス、同時多発テロ事件、イラク戦争などを現地から報道。アラブ諸国の政変、イラン核開発問題、IS(イスラム国)、シリア内戦、難民問題などをテレビ・ラジオで解説。現地取材も重ねている。

event1603_1975_osa.jpg

長 有紀枝 おさ ゆきえ (AAR理事長)

1990年よりAARで旧ユーゴスラビアなど紛争下での緊急人道支援や地雷対策、地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)の地雷廃絶活動等に携わる。現在AAR理事長、立教大学教授、JPF理事等を務める。著書に『入門 人間の安全保障 恐怖と欠乏からの自由を求めて』(中公新書)、『スレブレニツァ あるジェノサイドをめぐる考察』(東信堂)。

event1603_1975_kagehira.jpg

景平 義文 かげひら よしふみ(AARシリア難民支援統括)

2012年よりAARでトルコにおけるシリア難民支援を担当。年間の半分をトルコで活動し、日本ではNHK総合「ニュース深読み」、BS朝日「いま世界は」などに出演、シリア難民の窮状を伝え続けている。大阪大学出身

シンポジウム「再燃する地雷・クラスター爆弾問題―シリア紛争がもたらす新たな危機」

日時

2016年11月12日(土)午後2時00分―午後4時30分 (午後1時30分受付開始)

会場 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター ホール3B
(東京都新宿区市谷八幡町8) 
JR・地下鉄「市ヶ谷」徒歩2分
参加費

無料

定員

180名 事前にお申込みください

お申込み こちらのページからお申込みください
主催 AAR Japan[難民を助ける会]
後援

外務省、国連広報センター

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】

担当:伊藤かおり
TEL:03-5423-4511
FAX:03-5423-4450

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450