プレスリリース・お知らせ

災害から学ぶ、私たちの伝えたいこと、伝えたい思い

2018年01月31日  お知らせ
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

東日本大震災からまもなく7年。3月3日(土)、社会福祉法人日本身体障害者団体連合会が、被災した方々の貴重な教訓から学ぶべきものを見つめ直し、防災・減災に向けた地域の取り組みについて考えることを目的としたフォーラムを開催します。第二部のシンポジウムでは、AAR Japan[難民を助ける会]の野際紗綾子が登壇し、これまでの災害時のAARの災害緊急支援の経験をもとに、災害時に求められる障がい者支援についてお話しします。また、ワークショップでは障がいインクルーシブな避難所を体験するプログラムが実施されます。
障がいのある方々が災害時にどんな不安を感じているのか、私たちはどのような支援ができるのか、ともに考えませんか。ぜひご参加ください。

災害、その時私たちは ~災害から学ぶ、私たちの伝えたいこと、伝えたい思い

日時

2017年3月3日(土)午前10時00分~午後4時00分(開場午前9時45分)
午前10時00分~ 第一部ワークショップ(仮装避難所体験プログラム)
午後1時30分~ 第二部シンポジウム

会場

TIAT SKY HALL(ティアットスカイホール)
(東京都大田区羽田空港2-6-5 羽田空港国際線旅客ターミナルビル4F)
京急線「羽田空港国際線ターミナル駅(地下ホーム)から徒歩5分
東京モノレール線「羽田空港国際線ビル駅(3F)から徒歩5分

定員

ワークショップ:定員50名/シンポジウム150名(要事前申込み)

参加費

無料

主催、
お申し込み

TEL:03-3565-3349/FAX:03-3565-3399
Eメール:saigai@nissinren.or.jp

後援

内閣府政策統括官(防災担当)/厚生労働省/国土交通省/大田区/社会福祉法人全国社会福祉協議会 ほか

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)