活動ニュース

ソノダバンド、初めてのアフリカ体験を渋谷で報告

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

2013年5月30日、渋谷のライブハウス「プレジャープレジャー」にて、「ソノダバンド×AAR Japanスペシャルライブ&トーク『ぼくらが旅したアフリカ』」を開催しました。

日本の若い世代へ「アフリカをもっと身近に感じて!」のメッセージ

屋外で演奏する二人

障がい者協会(現地NGO)を訪れ、演奏を楽しむソノダバンドの二人。音楽は、言葉の違いや障がいの有無を超えた交流を可能にしました(2013年4月21日。ザンビア、ルサカ市)

このイベントは、アフリカで30年以上の活動実績をもつAARが、6月1日~3日に行われた第5回アフリカ開発会議(TICAD V)に向けて、日本の若い世代にアフリカをもっと身近に感じてもらうために開催したものです。

今回のライブに出演いただいたソノダバンドは、2007年にAARのイベントへのご出演をきっかけに、ツアーで募金を集めてくださるなどご支援いただいております。

今年4月、ライブの開催を前に、ソノダバンドのメンバーの園田涼さん(26歳)と赤股賢二郎さん(27歳)は、AARがHIV/エイズ対策を行っているアフリカのザンビアを訪れました。地元の障がい者施設を訪れ、たくさんの子どもたちの前で演奏したり、両親をエイズで亡くした少女や、HIV陽性者の女性へのインタビュ―を行いました。二人がザンビア訪問で感じたこと、考えたことを今回のライブの中で語っていただきました。

自宅でソノダバンドの二人と笑顔でしゃべる少女

エイズで両親を失った少女は「将来はジャーナリストになりたい」と、園田さんと赤股さんのインタビューに答えました(2013年4月20日。ザンビア、ルサカ市)

現地のボランティアの話を真剣な面持ちで聞く二人

HIV陽性者のサポートを長年続けるボランティアに話を聞く、園田さん(右から3人目)と赤股さん(右から2人目)。右端はザンビア駐在員の永井萌子(2013年4月19日。ザンビア、カフエ市)

いよいよ、ライブ当日!

当日のステージのようす

長年のファンも、初めて聴く方々も、彼らの音楽に合わせて自然と体が動きます。(2013年5月30日、渋谷プレジャープレジャー)

渋谷でのライブには約170名の方にご来場いただき、熱気に溢れていました。

第一部は「Soul River」から始まり、続いて、「上海午前零時」でさらに会場は盛り上がります。ほか2曲の演奏終了と共に、ステージ中央のスクリーンには、ソノダバンドの園田さんと赤股さんが4月に訪れた、ザンビアの映像が次々とが映し出されました。園田さん、赤股さん、そして当会のザンビア駐在員で、今回の訪問で行動を共にした、永井萌子の三人でトークが始まりました。

園田さんは、20歳でHIV陽性と診断された女性が語った「悲観してるヒマなんてないわ、人生は続くもの」という言葉に感銘を受け、「自分と同世代で、子育てをしながら生きる彼女の強さを感じた」「いろいろな人にインタビューをしながら、同時に日本のことを思いました。日本には確かになんでもあるけれど、たとえばこの100年で失ったものはなんだろうかと考えてしまいました」と語りました。また、赤股さんは、「現地で演奏をした際、音楽を通じて、言葉がなくてもお互いに通じあえるという体験は貴重だった」と語りました。参加者は、うなずいたり、真剣な表情で聞き入っていました。

ザンビア訪問のVTRがライブ会場で流れる

ソノダバンドの二人がザンビアでHIV陽性の女性にインタビューした時の映像がスクリーンに映し出され、「彼女の前向きな生き方に感銘を受けた」と語る園田さん(右から2人目。2013年5月30日)

ライブ会場でしゃべるAARの永井萌子

お二人のアフリカ訪問を案内したAARザンビア駐在員の永井萌子が、深刻なエイズ問題や、AARの取り組みについて報告しました(2013年5月30日)

同世代の目線で見たアフリカの姿が伝わってきた

ライブ当日のグッズ販売のようす

休憩時間には、園田さんと赤股さんがザンビアで選んできた小物やバッグなどを販売し、あっという間に売り切れてしまいました(2013年5月30日)

ライブに来場された皆さまからは、「今まで知らないことを知ることができて良かった」「エイズのことは今まで考えたことがなかったから、トーク内容が新鮮だった」「園田さんと赤股さんが伝えてくれたアフリカの姿が着飾っていないというか、同世代の目線で見たアフリカの姿というのが伝わってきて、よりアフリカを身近に感じて、すごく行きたくなりました」などの感想が寄せられました。

ライブ終了後は、会場出口で園田さんと赤股さんが募金を呼びかけてくださり、来場された皆さまより、52,225円のご寄付をお寄せいただきました。

今回のライブイベントを通して、今まで「アフリカ」や「エイズ」という言葉と接点がなかった若い世代の方々に、感動や気づき、アフリカの抱える問題について考える時間を持っていただけたのではないかと感じます。

今回のイベントで多大なご協力をいただきました、ソノダバンドの皆さま、関係者の皆さま、そして、ご来場いただきました皆さまに、心より御礼申し上げます。

もっと詳しい園田さんの「アフリカ話」を知りたい方は、こちら。

【報告者】 記事掲載時のプロフィールです

東京事務局 稲邉 早苗

2011年10月より東京事務所スタッフとして広報・支援者業務を担当。大学卒業後、民間会社勤務を経てAARへ。(宮城県出身)

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450