活動ニュース

アフガニスタン×宇和島:メッセージは海を越えて

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

きっかけは1本の電話

「こんど、道徳の時間に地雷のことを勉強することになったので、資料を送ってもらえませんか」。一昨年9月、愛媛県宇和島市の沖合に浮かぶ、人口900人の九島(くしま)の九島小学校からAARに電話がかかってきました。島にたったひとつの、全校児童21名の学校です。さっそくAARの地雷パンフレットとアフガニスタンの写真を何枚かお送りしました。アフガニスタンは世界で最も地雷被害の多い国のひとつ。AARは現地で、地雷や不発弾の危険性を一般市民にきちんと理解してもらう活動と、地雷被害者を含む障がい者の教育支援を行っています。

rpt1612_2201_1uwajima_girl.jpg

地雷について学習した内容を発表する九島小学校の女子児童(2015年11月26日)

数ヵ月後、九島小から、学習発表会で地雷について学んだことを発表する子どもたちの写真が先生から送られてきました(右写真)。それだけでなく、地域の方々に募金を呼びかけ(下写真)、集まった募金をAARに寄付してくださるとのことでした。

rpt1612_2201_2uwajima_fundraising.jpg

学習発表会で募金を呼び掛けてくれました(2015年11月26日)

地雷などの問題について授業で勉強したり、AARスタッフが赴いて話をしたりする学校は多いのですが、募金のような具体的な取り組みまで進むことは多くありません。しかし、九島小の場合はこれで終わりではありませんでした。先生から「もっとできることはないでしょうか」とさらにご相談がきたのです。いろいろ考えた末、宇和島の子どもたちからアフガニスタンの子どもたちにメッセージを送ってはどうか、と提案したところ、数ヵ月後に5・6年生8名が、カラフルなイラストや写真とともに「地雷に負けないで」「誰もけがをしませんように」といったメッセージを書いてくれました。

メッセージは6,000km離れたアフガニスタンへ

8枚のメッセージはアフガニスタンの首都カブールのAAR事務所に送られ、現地スタッフが5つの学校に持参し、展示・説明を行いました(下左写真)。合わせて17,000人もの生徒が日本からのメッセージを目にしました。極めて不安定な治安情勢が今も続くアフガニスタン。しかし、最近はニュースでアフガニスタンが取り上げられることも少なくなり、人々のあいだには「世界はアフガニスタンのことを忘れてしまったのではないのか」という焦りが広がっています。そんななか、日本の8人の小学生から届いたメッセージは現地の子どもたちの心を強く揺さぶりました。誰に言われるでもなく「お礼を書きたい」という声が上がりはじめ、最終的に50人もの子どもたちが、同じように色とりどりのイラストをあしらったすてきなメッセージを書いてくれたのです。

rpt1612_2201_3afghan_classroom.jpg

ツトム・ダラ・ウリ校で九島小からのメッセージを見る子どもたち(2016年8月20日)

rpt1612_2201_4afghan_writingmessages.jpg

返事のメッセージを考えるホワジャ・サワラン校の女子児童たち(2016年8月28日)

rpt1612_2201_5afghan_girlwithmessages.jpg

将来の夢はプロのサッカー選手というサハルさん(12歳)は「地雷をなくして国を発展させたいです」とメッセージを書いてくれました(2016年8月28日)

「僕はサッカーが大好き。でも、地雷があるので、安心してサッカーができる場所があまりありません」「毎日地雷で人が死んでいます。私は手を失くしました」「私のお父さんは地雷でけがをしました。将来は医者になって人を助けたいです」「多くの人が地雷で障がい者になっています。でも皆さんはそんな事故が減るよう助けてくれました。ありがとう」「アフガニスタンが早く平和になって、日本の皆さんに会えるといいな」...。自分の国の平和を願う切実な気持ちと、心配してくれた日本の子どもたちへの感謝がそこには溢れていました。

rpt1612_2201_6afghan_boys.jpg

自分たちが書いたメッセージの前で「九島小の子どもたちに届け!」とばかりにポーズを取るツトム・ダラ・ウリ校の子どもたち(2016年8月26日)

友だちが住む大切な国

去年11月、AARカブール事務所のスタッフ、バシール・バーセル(下写真最前列中央左)が研修のために来日し、九島小学校への訪問が実現しました。そして、子どもたちにアフガニスタンの様子を伝え、お礼のメッセージを直接手渡しました。

rpt1612_2201_7uwajima_groupphoto.jpg

前列中央左がアフガニスタンからのメッセージを携えて来日した現地職員のバシール・バーセル、同右がAAR東京事務局の穂積武寛(2016年11月18日)

初めて出会うアフガニスタン人、初めて目にするダリー語の不思議で美しい文字、写真の中で笑っているアフガニスタンの友だち。子どもたちは「返事がこんなに返ってくるとは思っていなかったので、とても嬉しい」、「これからも続けたい」と話してくれました。バシールも「ずっと九島の子どもたちを自分の子どものように感じていた。やっと会うことができて本当によかった。九島の人々に支援してもらえて光栄です」と感慨深げでした。

rpt1612_2201_8hozumi_basir_students.jpg

アフガニスタンからのメッセージを子どもたちに説明する穂積とバシール(2016年11月18日)

rpt1612_2201_9uwajima_basir.jpg

「我が子のように感じていた」九島小の子どもたちと言葉を交わすバシール(2016年11月18日)

rpt1612_2201_10uwajima_students.jpg

メッセージを書いた児童のうち数名はすでに卒業していましたが、この日は駆けつけてくれました(2016年11月18日)

九島小学校の子どもたちは、AARの日本人職員が現在出張すらままならない、アフガニスタンという国の抱える困難な問題に対して、自分たちは何ができるのかを真剣に考えました。そして自分たちならではのやり方で、現地の子どもたちに直接想いを伝えることができたのです。アフガニスタンといえば、テロ事件といった悪いイメージがつきまといます。しかし、九島小学校の子どもたちにとっては、自分たちの呼びかけに応えてくれた50人もの友だちが住む、大切な国になりました。

実は九島小学校は、九島と宇和島市の間に新しく橋がかかったことに伴い、今年3月に100年以上の歴史に幕を閉じることになっています。子どもたちは宇和島市内のより大きな学校に通い始めます。しかし、九島の子どもたちが培った、ほかの国とそこに住む人たちの苦しみを思いやる心はこれからも続いていくことでしょう。
AARは、これからも九島小学校の子どもたちのような日本各地の小さな善意を丁寧に汲み上げ、現地にきちんと伝えていくことを心がけたいと考えています。

rpt1612_2201_22groupphoto.jpg

九島小学校の子どもたちからのお礼状を手にするヘジャン校の生徒たち。バシールが九島で受け取り、現地に届けました(2016年12月9日)

アフガニスタンの子どもたちからのメッセージ(抜粋)
rpt1612_2201_11message1.jpg

僕の名前はスフラブ・サキザダ、12才です。6年生です。好きな科目は英語で、ダリー語の授業は少し退屈です。健康に良いのでサッカーが好きです。皆さんともやってみたいです。将来は警察官になりたいです。先生は僕たちに、地雷に触ってはいけないことや、その他の知らないことを教えてくれます。

僕はガザルです。6年生です。もっと高い教育を受けて、人々を助けられるようになりたいです。自分の国が平和になってほしいです。仕事や勉強やスポーツができないからです。アフガニスタンが日本みたいに発展するといいなと思います。皆さんの国を、いつか見てみたいです。

rpt1612_2201_12message2.jpg

僕の名前はサイード・アガ・ムハマディです。好きな食べ物はカブーリー・ピラフですが、料理を作るのは嫌いです。将来はアフガニスタン代表のサッカー選手になりたいです。僕の国では多くの人が地雷で障がい者になっています。でも皆さんはそんな事故が減るよう助けてくれました。ありがとう。

rpt1612_2201_13message3.jpg

僕の名前はアフマド・ナセール、12才です。勉強することが大好きで、特に算数が好きです。サッカーが得意なので、皆さんと一緒にプレーしたいです。AAR を通した皆さんの支援に、本当に感謝しています。

rpt1612_2201_14message4.jpg

僕の名前はアフマド・ザミールです。6年生です。サッカーが好きですが、安心してできる場所があまりありません。なぜなら、どこが地雷除去されたのか、されていないのかがわからないからです。でも皆さんが支援してくれているので、総ての地雷が除去されると信じています。ありがとう。

rpt1612_2201_15message5.jpg

僕の名前はミスバーウッラーです。サッカーが好きですが、僕の国は戦争で治安が良くなくて、遊べる場所は多くありません。皆で一緒に遊びたいです。僕たちは毎日、地雷や不発弾を心配しながら学校へ通っています。皆さんの支援で、地雷を除去したいです。僕たちアフガニスタン人の友だちになってくれてありがとう。一緒に総ての地雷を除去し、代わりに花を植えたいです。

rpt1612_2201_16message6.jpg

こんにちは。私はセターラ・サイディ、12才です。私はジャーナリストになって、地雷で家族を失った人を助ける仕事がしたいです。いつか皆さんと会いたいです。私を含め、アフガニスタン人全員が皆さんのアフガニスタンでの地雷についての活動と、人道的な心に感謝しています。長年、多くの人の命を奪ってきた地雷と戦いましょう。

rpt1612_2201_17message7.jpg

僕の名前はモービンで、13才です。スポーツなら何でも好きで、特にサッカーが大好きです。僕たちの国には地雷がたくさんあって、学校での勉強に影響が出ることもあります。すてきなメッセージをありがとうございました。皆さんにいつか会いたいです。アフガニスタンから戦争がなくなることと、皆さんが幸せな人生を送れるよう願っています。将来は警察官になりたいです。皆さんが一生幸せでいられますように。

僕の名前はサミウッラー、13才です。友だちと遊ぶのが好きで、クリケットをやりたいのですが、できる場所がありません。皆さんの支援でアフガニスタンから地雷がなくなってほしいです。AAR の人が地雷について教えてくれました。総ての日本の子どもたちと日本人に「アフガニスタンを助けてくれてありがとう」と言いたいです。

rpt1612_2201_18message8.jpg

私の名前はファイザ、11才です。7年生です。私の住んでいる場所は自然が豊かで高い山々があります。でも地雷はまだ残っています。幸運なことに皆さんのおかげで、私たちは地雷のことや、地雷を見つけたらどうすれば良いかを学ぶことができました。ありがとうございました。私たちの国が地雷や戦争から解放され、皆さんが私たちの美しい国を訪れることができるようになることを願っています。

rpt1612_2201_19message9.jpg

僕の名前はウルファン、1年生です。勉強するのが好きで、将来は人々のために医者になりたいです。絵を描くことも好きです。地雷は嫌いです。なぜなら地雷は僕たちを傷つけ、殺すからです。僕のおじさんは、地雷の事故で足をなくしました。

rpt1612_2201_20message10.jpg

僕の名前はアブドル・ラキーブ、10才です。3年生です。数学とサッカーが大好きです。釣りも好きですが、まだ小さいのでできません。アフガニスタンではまだ戦争が続いていますが、助けに来てくれるAAR に感謝しています。戦争はもうたくさん。平和がほしいです。

【報告者】 記事掲載時のプロフィールです

東京事務局プログラム・マネージャー(啓発担当) 穂積 武寛

東京事務局で海外事業をはじめ、総務、人事、国際理解教育などを担当。大学卒業後、政府系国際協力団体での10年間の勤務、大学院を経て2009年1月にAARへ。東京都出身

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450