イベントに参加する

3/12(日)震災から6年「知ってほしい、あなたのそばにいる避難者のこと」

2017年03月12日 (日)  
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

下記のイベントは終了/申込受付終了いたしました。

最新イベント情報
    • 事前お申し込みは締め切りました。参加ご希望の方は、会場に直接お越しください。

今なお避難者13万人、うち東京に6,000人

今年3月11日で東日本大震災から6年が経ちます。しかし、避難指示のあるなしにかかわらず、地震や津波、原発事故の影響を受けた故郷を離れて避難生活を続ける人たちは、今なお13万人います。そのうち、約6,000 人が東京で暮らしています。震災の記憶が薄れていくなかで、大勢の方が故郷から遠く離れた場所で、周囲に悩みを打ち明けられず、未来が見えないまま、不安を抱えて毎日を過ごしています。

AAR Japan[難民を助ける会]は、福島県から幼い子どもたちを連れて東京で避難生活を続ける女性と、東北3県からの避難者を支援してきた加納佑一さんをゲストに迎え、住宅など暮らしの現状や子どもたちの将来について思うことを語っていただきます。また、福島の仮設住宅で今起きていることについて、現地で活動するAAR職員がお伝えします。

あれから6回目の3.11。遠くの被災者と近くの避難者のためにできることを考えてみませんか。

※小さなお子様連れで託児サービスを希望される方は、お申し込みの際にご相談ください(webからお申し込みの際は、通信欄にご記入ください)。

登壇者プロフィール

加納 佑一さん(広域避難者支援連絡会 in 東京)

岡田 めぐみさん(福島県福島市出身)

event1702_2222_ohara.jpg

大原 真一郎 (AAR Japan[難民を助ける会]仙台事務所 福島支援担当)

大学卒業後、製造メーカー(営業職)での18年間の勤務を経て、2011年8月からAAR仙台事務所に勤務。仙台を拠点に岩手、宮城、福島の被災地に毎日のように足を運び、復興支援を行う。現在は福島県相馬市などで行っている、仮設住宅に暮らす方々の心身の健康を守る活動を中心的に担う。宮城県仙台市出身

知ってほしい、あなたのそばにいる避難者のこと―東日本大震災から6年―

日時

2017年3月12日(日)午後2時―午後4時

会場

AAR事務所 6F交流スペース
(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル6F) 
JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線 目黒駅から徒歩2分

参加費

無料

定員

60名(先着順・事前にお申し込みください)

主催 AAR Japan[難民を助ける会]

 

 

< イベントに参加するトップに戻る

イベントなど最新情報をお知らせします

現地からの活動報告やイベント予定など、難民を助ける会の最新情報を毎月お届けします。

無料メールマガジン登録
ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)