駐在員・事務局員日記

駐在員のランチを紹介!あま~いデザートつきがタジキスタン流

2015年01月30日  タジキスタン
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録
執筆者

タジキスタン事務所
貝澤麻衣

2012年12月にAARへ入職。ラオス駐在などを経て、2014年8月よりタジキスタンへ。趣味はひなたぼっこ。神奈川県出身

記事掲載時のプロフィールです

12時になると同時に、ぱっと誰かが立ち上がり、声をかけて動き出すのがタジキスタン事務所のお昼時間。お弁当になじみの薄いタジキスタンでは、お昼は外食が一般的なため、スタッフ全員で出かけるのが日課になっています。

寒い冬を乗り切るカフェランチ

フィルズ

今日のランチを選ぶタジキスタン事務所スタッフのフィルズ

事務所の周りには3軒の食堂があります。郷土料理数品を出す食堂が2軒。「カフェ」と呼ばれるバイキング形式の食堂が1軒。その日の気分によって選びます。赴任したてのころは、日本の感覚で「ちょっとお茶でも」とカフェに入ったのに、おかずばかりが並んでいて戸惑ったものです。

最近私たちがはまっているのが、カフェ。ロシア料理のボルシチ(赤カブのスープ)をはじめ、ラグマン(麵入りスープ)やスパゲティ、さまざまな肉料理、ときには魚も並びます。好きなものが選べるうえに、料理が出てくるまでの待ち時間もなし。でも、何よりもみんなのお目当てはデザートです。全員が甘党のタジキスタン事務所では、デザートは必須。シルニキ(凝縮されたチーズを焼いたものにヨーグルトソースをかけたもの)やブリンチック(ジャムやクリームをクレープ生地で包んだもの)はお昼のシメに欠かせません。食後は、ごちそうさまの代わりにイスラム教のお祈り(顔を洗うようなしぐさ)を捧げ、食事を終えます。

ランチでほっと一息、エネルギーも満タンで、午後もがんばります!

ランチ風景

冬の寒さが厳しいタジキスタン。ボルシチなどのスープで体が温まります。左はAARの貝澤麻衣

デザート

左はブリンチック、右はシルニキ。濃厚でおいしく、ボリューム満点です

< 駐在員・事務局員日記トップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)