プレスリリース・お知らせ

衆議院法務委員会における当会会長・柳瀬の意見陳述について

2021年04月22日  お知らせ
RSS

平素よりAAR Japan[難民を助ける会]の活動にご理解・ご支援を賜り、ありがとうございます。

2021年4月21日の衆議院法務委員会における「出入国管理及び難民認定法」(入管法)改正をめぐる審議で、当会会長の柳瀬房子が、参考人として意見陳述いたしました。柳瀬の発言は、日本における難民申請者の迅速な保護を主旨としたものでしたが、様々なご意見をいただきました。
本意見陳述は、柳瀬個人が「難民審査参与員」また「収容・送還に関する専門部会」の委員としての経験をもとに述べたもので、難民を助ける会で機関決定したものではないことを申し添えます。

当会は海外において、過酷な境遇にある難民・国内避難民一人ひとりの尊厳を守るための支援活動を今後も続けてまいります。また、日本国内における難民支援は、当会の姉妹団体である社会福祉法人「さぽうと21」に事業を引き継ぎ、現在も支援活動に取り組んでおります。

案件:出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する法律案(204国会閣36)

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ