AAR Japanの人権方針

前文

AAR Japan[難民を助ける会]は、一人ひとり、個性をもった多様な人間が、自然と共存しつつ、人間の尊厳をもって、共生できる社会を目指しています。このビジョンのもと、「人間の安全保障」の視点(※)を取り入れて世界中で人道的な見地から国際協力活動を展開していますが、私たちの判断と行動が、活動に関わるすべての人や社会に直接的・間接的に影響を与えることは少なくありません。こうした認識のもと、AARは、支援対象者および周辺地域の人々、AARの活動を支える支援者、ボランティア、役職員をはじめとする、あらゆる人々の人権を尊重することを、あらためて宣言します。

AAR Japanの人権方針

AARは前文で掲げたビジョンのもと、以下の10の人権方針のもとに活動していきます。人権尊重の責任は、AARの役員、ボランティア、および国内海外の全事務所の職員に適用され、また、AARが影響を及ぼすことができる活動地の行政や関係団体、助成元、取引先、およびそのほかの関係者に対しても、人権の尊重を働きかけていきます。

1. 私たちは人権尊重の重要性を認識し、以下の人権・人道に関する国際規範を支持し、尊重します。

【国際条約、議定書および宣言】

  • 世界人権宣言(1948)
  • 社会権規約(経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約)(1966)
  • 自由権規約(市民的及び政治的権利に関する国際規約)(1966)
  • 国際人道法(1949年のジュネーブ四条約および1977年の二つの追加議定書をはじめとする国際人道法規)
  • ジェノサイド条約(集団殺害罪の防止及び処罰に関する条約)(1948、日本未加入)
  • 国際労働機関(ILO)「労働の基本原則および権利に関する宣言」(1998)
  • あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約(人種差別撤廃条約)(1965)
  • 児童の権利に関する条約(こどもの権利条約)(1989)
  • 女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約・同選択議定書(女性差別撤廃条約)(1979)
  • 難民の地位に関する条約(1951)・同議定書(1966)
  • 障害者の権利に関する条約(2006)
  • 宗教および信念に基づくあらゆる形態の不寛容および差別の撤廃に関する宣言(1981)
  • 発展の権利に関する宣言(1986)
  • 民族的または種族的、宗教的および言語的少数者に属する人々の権利に関する宣言(1992)
  • 先住民族の権利に関する宣言(2007)

【民間の取り組み】

  • 人道支援の説明責任(アカウンタビリティ)と品質管理(クオリティ)に関するHAP基準2010
  • 人道憲章と人道対応に関する最低基準(スフィア基準)(1997)
  • 災害救援における国際赤十字・赤新月運動および非政府組織(NGOs)のための行動規範(1994)
  • ISO26000(社会的責任に関する手引き)(2010)

2. 私たちは活動する国や地域の法令や国際規範を尊重し、文化、慣習、宗教、価値観などを正しく理解・認識することに努め、人種、皮膚の色、性別、年齢、言語、財産、国籍若しくは出身国、民族的もしくは社会的出身、カースト、経済的背景、障がい、妊娠、先住民族の出自、労働組合への加入、政治的所属、政治的見解もしくはその他の見解、家族状況、個人的関係等、いかなる事由による差別もその他の人権侵害も行いません。また、児童労働、強制労働、紛争下における女性への暴力などの人権を侵害するいかなる行為にも加担しません。

3. 私たちは紛争や災害による難民・国内避難民支援においては、難民条約による「人種、宗教、国籍、政治的意見やまたは特定の社会集団の一員であるなどの理由で、迫害を受ける、あるいは迫害を受ける恐れがあるため、自国に戻ることができないか戻ることを希望しない人々」という定義に合致する人々に加えて、より困難な状況下や弱い立場にある人々を広く「難民」と捉え、難民ならびに受け入れ地域の人々の人権に充分配慮します。

4. 私たちは地雷被害者を含むすべての障がい者が社会に平等に参加できる社会を目指し、障がい者自身による意思決定を尊重しながら活動していきます。

5. 私たちは感染症対策において、患者や回復者、近親者に対し、病気に対する誤った知識による偏見をもたず、差別をしません。また、該当者に対する行政や地域住民、そのほかの関係者による人権侵害についても、改善を求めていきます。

6. 私たちは啓発(国際理解教育)活動において、人権侵害を助長するような発言や行為は行いません。また、AARのイベントや講演会等の参加者の人権尊重に対する理解を深めていきます。

7. 私たちは支援者のプライバシーや権限を尊重し、個人情報は細心の注意をもって取り扱います。

8. 私たちはセクシャルハラスメントやパワーハラスメントを人間の尊厳を傷つける行為として認識し、これを行いません。職員に対するハラスメントや人権トラブルがあった場合は、内部相談窓口や外部カウンセリング等の制度を活用し、対策にあたります。

9. 私たちは職員等の採用にあたって基本的人権を尊重し、本人の能力と適性を基準とした厳正かつ公平な選考を行います。

10. 私たちが活動時間内外でこの方針に反した行動をとった、あるいは関与したことが明らかになった場合、再発の防止に努め、しかるべき手続きを通じて改善に取り組みます。


2015年6月13日
AAR Japan[難民を助ける会]


※「人間の安全保障」の視点とは、人間一人ひとりに焦点を当て、生存や生活、尊厳に関わるあらゆる脅威・恐怖から人々を守り、保護と能力強化を通じて持続可能な個人の自立と社会づくりを促す考え方です。AARはこの考えに基づき、さまざまな理由で困難な状況に置かれている方々の視点に立って国際協力活動を行っています。また、活動にあたっては、現地職員や支援対象者、周辺地域の人々の参加を得ながら、将来的な脅威に対応する力を強化することを目指しています。

AARの人権方針に対するご意見はこちらへお願いします。

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~19時(日祝休み)