ご挨拶

私たちだからこそ、できることがある AAR理事長 長 有紀枝(おさ ゆきえ)

AAR理事長
長 有紀枝(おさ ゆきえ)

AAR Japan[難民を助ける会]は1979年、前会長の相馬雪香が、「困ったときはお互いさま」「日本の善意の伝統を世界にも示そう」と自ら立ち上がり活動を開始しました。しかし当時と今では、NGOが置かれた状況は、大きく違っています。
設立当初は、宗教的な後ろ盾をもたない、一般の皆さまの募金に支えられる組織が生まれたことすら奇跡的な時代でした。

以前は、国際協力活動を行うことそのものが、例えば、カンボジアに和平が成立した直後はカンボジアで学校を再建したり、社会の底辺にいる方々に、政治、宗教、思想に偏らない立場で支援することそのものが、NGOならではの仕事であり、NGOのレゾンデートル(存在意義)でもありました。

しかし現在では、資金的には下降気味とはいえ、日本のODAは拡充し、カンボジアでは企業や自治体が社会貢献の一環として学校建設に関わり、そしてイラクではコンサルタント会社や自衛隊も国際協力活動を行っています。

では今、この時代にNGOとして活動する、とはどういうことでしょうか。私たちNGOが行う活動は、他の機関や企業が行う活動と、どこが違うのでしょうか。
AARの原点は、支援活動を通じて、海外の難民を助けるだけではなく、日本人の心を開くこと。日本を世界の孤児にしない、AARの活動を呼び水にして、日本の社会に国際協力の大きなうねりを起こす、ということです。私は、まさにNGOの存在意義が問われる時代であるからこそ、AARの原点を受け継いでいきたいと思います。

AARだからこそできること、AARでなければできない支援を心がけ、誠心誠意務めて参ります。どうぞわたしたちの活動にご参加くださり、ご支援くださいますようお願い申し上げます。

3月4日 参議院「政府開発援助等に関する特別委員会」に出席

2015年2月10日の閣議で、政府開発援助(ODA)大綱に代わる新たな「開発協力大綱」が決定されました。これを受けて3月4日(水)に開催される参議院ODA特別委員会に、AAR Japan[難民を助ける会]理事長の長有紀枝が参考人として出席します。(2015年3月3日)

会議の模様は以下から動画でご覧いただけます。(2015年3月6日)

国連フォーラム:国際仕事人に聞く(第18回)長有紀枝×田瀬和夫さん

国連に関心のある方に向けて情報を発信し、議論の場や活動に参画する場を提供している「国連フォーラム」の連載「国際仕事人に聞く」で、理事長の長有紀枝と国連フォーラム共同代表・田瀬和夫さんの対談が掲載されました。(2015年2月28日)

過去の理事長ブログはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ
理事長略歴

長 有紀枝(おさ ゆきえ)

1963年東京に生まれ、茨城県で育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。外資系銀行に勤務後復学、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。外資系企業に勤務しつつ、1990年よりAARにてボランティアを開始、1991年よりAARの専従職員となる。旧ユーゴスラビア駐在代表、常務理事・事務局次長を経て、専務理事・事務局長(00-03年)。この間紛争下の緊急人道支援や、地雷対策、地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)の地雷廃絶活動に携わる。

2003年にAARを退職後、2004年より東京大学大学院総合文化研究科「人間の安全保障」プログラム博士課程に在籍し、2007年博士号取得。2008年7月よりAAR理事長。2009年4月より2010年3月まで立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任教授。2010年4月より立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科・立教大学社会学部専任教授。

2006年7月より2011年3月まで認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)共同代表理事。
2006年7月より認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)理事。
2009年4月より2011年3月まで朝日新聞社 紙面審議会第19期委員。
2011年4月より2012年3月まで『外交』編集委員。
2011年6月より福島県相馬市復興会議顧問会議委員。
2011年8月よりNPO法人相馬フォロアーチーム副理事長。
2012年10月より2015年まで国連中央緊急対応基金(CERF)諮問委員会委員。
2013年12月より日本ユネスコ国内委員会委員。
2015年4月より『外交』編集委員。
2016年1月より国連訓練調査研究所(UNITAR)理事。

主な著書に、『入門 人間の安全保障 恐怖と欠乏からの自由を求めて』(中央公論新社 2012)、『スレブレニツァ あるジェノサイドをめぐる考察』(東信堂 2009)、『地雷問題ハンドブック』(自由国民社 1997)など。

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450