開催期間2022年10月~2023年4月

ウガンダの子どもたちに文房具を届ける

皆さんのご家庭にある書き損じハガキや未使用の切手が、ウガンダで暮らす難民の子どもたちが使う文房具に変わります。

書き損じハガキ20枚で、新学期用文房具「鉛筆4本、ペン4本、ノート8冊、消しゴム2個」を1人の子どもに届けることができます。今年のキャンペーンでは、3万枚のハガキ・切手を集めることが目標です。

AAR Japan[難民を助ける会]が教育支援を行っているウガンダ・チャングワリ難民居住地に暮らすコンゴ難民のうち、半数以上が就学期の子どもです。初等教育の就学率は95.4%ですが、中等教育へ進学する子どもは4%しかいません。小学校での中退や中学校に進学できない理由のひとつに、学用品を買うことができないという経済的な事情があります。

ノートも鉛筆も持たずに学校に来る子どもたちは少なくありません。ノートをとることも、宿題を提出することもできず、学ぶことを諦めてしまう・・・そんな子どもや学生たちに文房具を届けます。

ウガンダ・チャングワリ難民居住地で勉強する子ども

【3万枚のハガキ・切手を集めます】

25パーセント達成

ハガキ・切手を送る


ウガンダ駐在員家高

家髙 真衣ウガンダ駐在員

ウガンダ事務所駐在員の家髙真衣です。ドローンを作る男の子、絵が上手な女の子。AARが活動するウガンダ西部の難民居住地で活動する中で、子どもたちの才能に驚かされることが多くあります。しかし、そんな子どもたちは両親を紛争で亡くしてしまうなど、その日を生きていくだけでも必死な状況に置かれ、文房具を買うこともできず、学校に通うことをあきらめてしまうこともあります。
子どもたちの才能や未来を守るためにも「ウガンダの子どもたちに文房具を届けるキャンペーン」にご協力をお願いいたします。私はこれまでにAARが配付した文房具を子どもたちが教室で使っている様子を見かけるたびに、彼らの未来を守るお手伝いができたと実感します。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。


2021年度書き損じハガキキャンペーンでは、ケニアの若者171名が就学/復学できました

2021年末から2022年2月10日まで実施した「若者の未来を応援!書き損じハガキキャンペーン」に、ハガキや未使用切手、計21,587枚をお寄せいただきました。これらを活用し、AARが活動するケニアの難民居住地で計171名※に、通学に必要な制服や体操服、文房具を届けました。

「行けなくなってはじめて勉強の大切さに気づきました」

 

アシタさん(写真左、コンゴ民主共和国出身・18歳)

小学校の最終学年を修了しましたが、制服や学用品を揃える金銭的な余裕がないため、中等教育には進めずにいました。同世代の子が学校に通う姿を見るのがとても辛く、初めて学ぶことの大切さに気づきました。卒業試験に合格するためしっかり勉強し、その後は手に職をつけて、家族を支えたいです。AARの支援があって良かったです。とても感謝しています。

ハガキ・切手を送る


AARのウガンダでの活動


ウガンダ西部で教育支援を行っています。難民の数が増加する一方、教育支援が不十分であるため、学校建設や教科書の配付、保護者や地域住民向けに学校運営に関する研修などを行い、子どもたちが安心して学べる学習環境の整備に取り組んでいます。


ハガキ・切手の送り方はこちら

  • 募集期間:2023年4月10日まで
  • 集めているもの:
    ①書き損じた年賀状・官製ハガキ
    ②未使用の年賀状・官製ハガキ
    ③未使用の切手
  • 送り先:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-12-2ミズホビル7F AAR Japan 物品募集係

※お寄せいただいたハガキや切手が目標数を超えた際は、最も必要とされる支援活動に充てさせていただきます。



SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」です。誰一人取り残さない世界に向けて、2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットが、国際目標として定められています。AARは活動を通して、さまざまな目標と関わっています。


※2021年7月から実施した「ケニア難民居住地就学支援キャンペーン」にお寄せいただいたご寄付での支援も含んでいます。

もくじ お探しのページはこちらから ページ
TOP