もくじ お探しのページはこちらから

タジキスタン Tajikistan

タジキスタンは中央アジアの内陸国で、1991年の旧ソ連崩壊に伴って独立しました。
国民の大多数はイスラム教徒です。農業(綿花)が盛んな一方、
ロシアへの出稼ぎ労働者が経済を支えていますが、
1990年代の内戦の影響もあって経済開発は遅れています。

ページ内メニュー

タジキスタンの基本情報

面積 約14万3,100平方キロメートル(日本の約40%)
人口 930万人(2019年/国連人口基金)
首都 ドゥシャンベ
民族 タジク系(84.3%)、ウズベク系(12.2%)、キルギス系(0.8%)、ロシア系(0.5%)、その他(2.2%)
言語 公用語はタジク語。ロシア語も広く使われている。
宗教 イスラム教スンニ派が最も優勢。パミール地方にはシーア派の一派であるイスマーイール派の信者も多い。
タジキスタン

※出典:外務省ホームページ

取り組む課題 Issues

国連は2006年に障害者権利条約を採択したものの、タジキスタンは批准に至っていません。障がい分野の国内法が整備されていないほか、「障がい児は寄宿制の特別支援学校で教育を受けるべきだ」という旧来の考え方が根強く残っています。障がいに対する差別や偏見もあり、障がい児の多くは家に閉じこもったまま、社会との接点を持てずにいます。

  • 40%
    以下

    障がい児のうち学校にアクセス
    できているのは40%以下、そのうち68%
    は寄宿舎学校に通っている ※1

  • 0.35%

    首都ドゥシャンベの
    教員養成大学では障がいのある学生は
    全学生のうちわずか約0.35% ※2

  • 車いす利用者をはじめ
    障がい者の通学に必要な環境が整った
    高等教育機関はない ※3

参照
※1 https://www.tj.undp.org/content/tajikistan/en/home/presscenter/speeches/2019/12/high-level-international-disability-forum.html
※2,3 AAR調べ
アイコン
Ocha Humanitarian iconsを使用・加工

活動 Activity

子どもたちが
学校でともに学べるように

AARが設置した学習支援室に通い勉強する子どたち

障がいの有無に関わらず、子どもたちが個々の特性やニーズに応じた配慮を受けながら一緒に学ぶインクルーシブ教育を、推進しています。バリアフリー設備の設置、人材の育成、学習支援室の建設などを行っています。

これまでの主な活動

  • 2001年

    アフガニスタン難民
    緊急支援

    アフガニスタン・タジキスタン国境に逃れてきたアフガニスタン難民への食料配布支援を実施。

  • 2010年~2011年

    障がい当事者団体への
    能力強化支援

    障がい当事者組織の施設を整備し、職業訓練コース、障がい者ケア講習、社会福祉セミナーなどを開催。

    記事を読む

  • 2011年~2012年

    車いすの製造・配付強化

    車いすの普及率を上げるため、国内で唯一の車いす工房を支援。個々の障がいや利用環境に合わせた車いすを製造。

    記事を読む

声・ストーリー Voice & Story

タジキスタンからの声

  • ファフリディンくん

    「読み書きは、未来への
    希望を
    持たせてくれます」

    ファフリディンくん(12歳)

    息子は脳性麻痺により手足が不自由で、通学を諦めていました。しかし、AARの支援で、今では元気に学校に通えるようになり、友だちもできました。私たち家族はいつまでも息子のそばにいられません。だから、彼には一人で生きていける力を持っていて欲しいです。読み書きができるというのは、未来への希望を持たせてくれるものです。(両親へのインタビューより)

    記事を読む

  • ヌルボヌちゃん

    「通学をあきらめたく
    ありませんでした」

    ヌルボヌちゃん(7歳)

    ヌルボヌが学校に通い始めた頃は誰とも話せず、私がいなければいつもパニック障がいを起こしていました。でも、AARが支援してくれた学習支援室に通い、娘に合った教育のサポートを受けたことで、とても成長しました。ペンも持てなかった娘が、今は私のサポートなしに一人で通常学級に通っています。 友だちもたくさんできて、休み時間に一緒に遊べるようになりました。(両親へのインタビューより)

関連記事・解説コーナー Related articles