お知らせ News

能登半島地震:緊急支援を実施中

2024年1月1日(2024年4月10日更新)

能登半島地震緊急支援

1月1日に石川県・能登地方で起きた地震で、甚大な被害が発生しています。被災地の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

被災地では、仮設住宅の建設が急ピッチで進むなど復興に向けた懸命の努力が続く一方で、今なお避難所で8,000人以上、自宅などで約1万3,000人が避難生活を余儀なくされています。AAR Japan[難民を助ける会]は地震発生直後に石川県内で緊急支援を開始し、その後も被災者の皆さんに寄り添う活動を続けています。


■炊き出し

水餃子を受け取る被災者の女性

AARの炊き出しを受け取る被災者の皆さん=珠洲市立若山小学校

他団体や地元の有志グループと連携し、避難所や近隣住民が集まる公民館などで調理した温かい食事を提供しています。栄養バランスにも気を配っており「避難所でこんな料理を食べられるとは思わなかった」「温かい食事を出してもらって本当にありがたい」といった声が寄せられています。これまでにのべ12万食以上の温かい食事をお届けしました。

■物資配付

段ボールを手渡すAAR職員とそれを受け取る男性

輪島市町野町の若桑集会所に支援物資を届けるAAR大原真一郎(左)

AARは一時孤立していた輪島市町野町の小規模な避難所に早い時期にアクセスし、食料や飲料水、衛生用品などを届けました。こうした集落の住民はほとんどが高齢者で、必要な物資やサービスを丁寧に聞き取って避難生活をサポートしています。

 ■障がい福祉施設支援

5人の男女が受け取った物資を持って立っている

地域生活支援施設「ウミュードゥソラ」に簡易トイレと小型テントを提供。施設の皆さんとAAR生田目充(左)=輪島市

大規模な災害発生時に、支援から取り残されがちな障がい福祉施設へ、食料や飲料水、衛生用品、必要な備品などを届けてきました。現在AARはいくつかの福祉施設で損壊した建物や設備の修繕計画を進めています。

■外国人被災者支援

玄関で話をする3人の男性

被災外国人の住居を訪問して話を聞くAAR職員の櫻井佑樹=七尾市

被災地の福祉ネットワークや他の支援団体と連携して、さまざまな支援から取り残された外国人被災者のサポートを行っています。孤立しがちな外国人に食料や飲料水、衛生用品、暖房用燃料などを提供しました。また、情報が行き届いていない方が多いため、行政や支援団体による支援情報を伝えるとともに、相談できる窓口などを案内しています。

■コミュニティ支援

相談会を聴講する人々

公共施設「コンセールのと」で開かれた講座&相談会。前方は永野海弁護士(右)とAAR大原真一郎=能登町

避難所や在宅で避難生活を送る被災者の皆さんのニーズに合った支援として、理学療法士など専門家による出張マッサージ、トラックを改装した「移動式お風呂」サービス、弁護士が生活再建に向けた支援制度を分かりやすく解説する講座・相談会の開催、使われなくなった井戸の再利用のための電動ポンプ設置などを行っています。

ご寄付はこちら


活動レポート

被災地の日常を取り戻す日まで:能登半島地震3カ月 | 活動レポート | AAR Japan[難民を助ける会]:日本生まれの国際NGO1月1日の能登半島地震の発生から3カ月が経ちます。災害関連死を含めて244人が犠牲になった被災地では、仮設住宅の建設が急ピッチで進むなど復興に向けた懸命の努力が続く一方で、今なお避難所で8,000人以上、自宅...

傾聴で「心」の支援:能登半島地震 | 活動レポート | AAR Japan[難民を助ける会]:日本生まれの国際NGO能登半島地震によって石川県内の多くの障がい福祉施設が、建物の損壊や断水など、ライフラインに関わる甚大な被害を受けました。AAR Japan[難民を助ける会]は、施設の管理者や職員の方々の不安や悩みに真摯に耳...

災害時の「見えない障がい」への理解が課題に:能登半島地震 | 活動レポート | AAR Japan[難民を助ける会]:日本生まれの国際NGO復興に向けた取り組みが続く能登半島地震の被災地で、AAR Japan[難民を助ける会]は被災した障がい福祉施設、障がい者世帯への支援に力を入れています。その中で見えてきた問題のひとつが、外見的に気付きやすい...

生活再建に向けて弁護士による相談会開催:能登半島地震 | 活動レポート | AAR Japan[難民を助ける会]:日本生まれの国際NGO能登半島地震の発生から2カ月半が過ぎて、石川県内の被災地ではインフラ整備やがれきの撤去などの復旧作業が進む一方で、個々の被災者の生活再建に向けた取り組みが始まっています。AAR Japan[難民を助ける会]...

レポート一覧はこちら

SNSでも最新情報を発信しています
Facebook / Twitter / Instagram

ご支援のお願い

能登半島地震緊急支援への
ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ご寄付はこちら

※ご寄付の使途で「能登半島地震」をお選びください。
※AARは東京都により認定NPO法人として認定されており、
ご寄付は寄付金控除の対象となります。


ご協力企業・団体の皆さま

企業からご提供いただいた非常用の携帯トイレなどを障がい者施設に届ける(記事はこちら)など、AARは多くの企業・団体や現地関係者と連携して支援活動を行っています。ご協力いただいた企業・団体・学校の皆さまを下記の記事でご紹介しています。

多くの企業・団体からのご協力に御礼申し上げます:能登半島地震緊急支援 | AARブログ | AAR Japan[難民を助ける会]:日本生まれの国際NGO石川県・能登半島で1月1日に起きた最大震度7の地震では、230人以上が亡くなり、多数の方々がなお行方不明のままです。被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。(3月7日現在)。 AAR Japan[難民を助ける...


メディア掲載

NHKラジオ第1「マイあさ!」/日本テレビ「DayDay.」/ハフポスト朝日小学生新聞日本経済新聞徳島新聞Time Out Tokyo
など


AARは緊急支援に留まらず、日常生活を取り戻そうと奮闘する被災者の皆さんに寄り添い、徐々に変化するニーズを的確にとらえながら、中長期的な支援に取り組んでまいります。AARの能登半島地震緊急支援へのご協力をお願い申し上げます。

ご支援のお願い

能登半島地震緊急支援への
ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ご寄付はこちら

※ご寄付の使途で「能登半島地震緊急支援」をお選びください。
※AARは東京都により認定NPO法人として認定されており、
ご寄付は寄付金控除の対象となります。

※指定された緊急支援活動に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合は、次なる緊急支援などに活用いたします。あらかじめご了承ください。

関連したレポート・ブログを読む

お知らせTOP

すべての種類のレポート・ブログを見る

もくじ お探しのページはこちらから ページ
TOP