もくじ お探しのページはこちらから

AARブログ AAR Blog

支援者紹介

ジェイ・ストームからAARにご寄付

2021年7月1日

株式会社ジェイ・ストーム(代表取締役:藤島ジュリー景子様)はこのほど、AAR Japan[難民を助ける会]が海外で実施する人道支援活動に1,000万円をご寄付くださいました。2019年(令和元年)11月9日に開催された「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で、ジェイ・ストーム所属のグループ「嵐」が歌唱した「Journey to Harmony」などが収録されたCD「カイト」(通常盤)の収益の一部をお贈りいただいたものです。関係各位に深くお礼申し上げます。

この祭典では、天皇陛下が長年の研究分野とされている「水」をテーマにした3部構成の奉祝曲「Ray of Water」のうち、第3楽章「Journey to Harmony」(岡田惠和作詞・菅野よう子作編曲)を嵐が熱唱し、大きな感動を呼びました。

今回の寄付先について、同祭典を主催した天皇陛下御即位奉祝委員会から、この曲が天皇陛下のご発言にある「豊かな水が世界の平和、繁栄、幸福をもたらす」ことを表すものとして制作されたことが紹介されました。そこで、実際に水を必要とする地域のために役立てる方向で検討が進み、この分野で活動実績があるAARに「水・衛生改善事業に活用してほしい」とのお話をいただいた次第です。AARはこうした経緯を踏まえ、1)スーダンに流入したエチオピア難民に対する水環境整備、2)アフガニスタンの公立学校の水衛生環境整備の2つの事業に活用することにいたしました。

ジェイ・ストーム社はじめ関係者の皆さまの温かいお気持ちに改めて感謝申し上げるとともに、現地の人々の生活環境が少しでも改善されるようご寄付を有効に活用させていただきます。AARの活動へのご理解・ご支援を重ねてお願い申し上げます。

◆スーダン国内のエチオピア難民に対する水環境整備

エチオピア北部で2020年11月に起きた武力紛争によって、約200万人の国内避難民が発生し、その一部が隣国スーダンに逃れています。AARは難民居住地に簡易トイレと手洗い場を設置するとともに、コロナ感染予防対策や衛生啓発活動を実施します。

◆アフガニスタンの公立学校の水環境整備

障がいのある子どもとない子どもが一緒に学ぶ首都カブール近郊の公立学校4校で、安全な飲料水や手洗い用の水を確保するための井戸を設置するとともに、井戸のメンテナンス研修を実施。子どもたちの健やかな成長を支える教育環境を整えます。

AARブログTOP

すべての種類のレポート・ブログを見る