お知らせ News

緊急退避者支援プログラム:緊急一時金(第2次)の受付開始について

2022年8月2日

この緊急一時金は、母国の紛争・政情不安からの退避を目的として来日した難民・避難民の方々が安定した収入を得られるようになるまでの間の資金不足を補い、当座の生活にお役立ていただくことを目的として、AAR Japan[難民を助ける会]と社会福祉法人 さぽうと21が共同で実施するものです。

緊急一時金の概要、一時金受け取りまでの流れは以下の通りです。

支給内容:
18歳以上ひとり10万円、17歳以下ひとり5万円(1人1回限り)

主な支給条件(見直される可能性があります):
・ウクライナ、アフガニスタン、シリア、ミャンマーなど居住国の紛争・政情不安からの退避目的で来日し、日本に当面滞在する見込みであること
・日本到着後、1年経過していないこと
・有効な在留資格を有していること
・原則として、面談などのためにAAR事務所(東京都品川区)に直接来られること
・面談時において、定収を得られる職に就いていないこと
・面談時において、公益財団法人日本財団等による生活費支援などの継続的な資金援助を受けていないこと
※申請者の状況によっては、一時金の対象としない場合があります。また、申請書の記載及び面談時の申告内容に虚偽があったことが発覚した場合、緊急一時金の返還を請求いたします。

一時金受け取りまでの流れ:
①専用フォームで基本情報登録(PCまたはスマホ、日本語または英語)
②面談時間設定
③AAR/さぽうと職員による面談実施(場所は原則として当会事務所)
※面談は原則として申請者全員に対し英語または日本語で行います。必要に応じ他言語の通訳を手配します。交通費は、上限1,500円として、AARの規定により支給します。
④審議・支給可否決定(面談実施から2~3営業日後)
⑤一時金お渡し(原則として当会事務所で対象者全員に直接お渡し)
※来会される方には、当方の規程に基づき交通費を支給します。

緊急一時金支給ご希望の方はこちらから(スマホの方は以下のQRコードを読み込んでください)

緊急一時金を含め、国内での難民・避難民支援全般に関するお問い合わせは、以下のメールアドレスにお送りください
emsupport@aarjapan.gr.jp


AAR Japan & Support 21 Support Program for Emergency Evacuees Application for Emergency Grant (2nd Phase) now accepted

The Emergency Grant, a one-time lump sum cash assistance program, operated jointly by Association for Aid and Relief, Japan (AAR Japan) and Support 21, is designed for refugees/evacuees who have recently arrived in Japan to avoid warring or unstable situations in their home countries, and intended to alleviate their urgent cash shortage.

Description of Grant:
100,000 yen per person for 18 years old or older.
50,000 yen per person for 17 years old or younger (One time per person only)

Primary Requirements for Application:
-Arrived in Japan from countries including Ukraine, Afghanistan, Syria, Myanmar, etc., for evacuation from warfare/instabilities in their home countries, and are expected to stay in Japan for a certain period.
-Less than one year since arrival in Japan
-In possession of valid status of residence
-Capable of visiting AAR office in Tokyo for interview, etc., in principle
-Not receiving regular salary at the time of an interview
-Not receiving any form of continuous financial support from Nippon Foundation, etc., at the time of the interview
Note: Application may be turned down after examining applicants’ circumstances. Should there be any false information provided either in the application form or during the interview, AAR may demand reimbursement of the grant.

Grant-giving Procedure:
1. Registration of basic information (from PC or mobile, in Japanese or English)
2. Scheduling an interview
3. Interview by AAR/Support 21 staff (at AAR office in Tokyo)
Note: -All applicants are expected to participate in principle.
-Interview is conducted either in English or Japanese.
-Interpretation in other languages will be arranged if requested.
-A maximum of 1,500 yen is paid in accordance with AAR’s regulations for travel expenses.
4. Review & Announcement (within 2-3 working days after interview)
5. Grant delivery (at AAR office in person, directly to each applicant)

If you wish to apply, click HERE (For mobile, access the registration format from QR code below)

For inquiry on Emergency Grant, or other possibilities of refugee/evacuee support, please send an e-mail to: emsupport@aarjapan.gr.jp

お知らせTOP

すべての種類のレポート・ブログを見る

もくじ お探しのページはこちらから ページ
TOP