活動レポート Report

避難所生活に必要な設備を提供しました:ウクライナ難民支援@モルドバ

2022年3月25日

「衣服の手洗いから解放されて助かります」――。AAR Japan[難民を助ける会]は、ウクライナ難民を受け入れている隣国モルドバの首都キシナウでの食料支援に続いて、難民の家族が滞在する地元大学の学生寮に洗濯機、乾燥機を提供しました。

洗濯機と乾燥機が床に置かれている

AARが支援した乾燥機(左)と洗濯機(右)

ウクライナから手荷物ひとつで避難してきた人々は、衣類の手持ちが少ないうえ、小さな子どもは洗濯物が多いため、母親にとって衣類の手洗いは大きな負担になっています。AARはニーズ調査を踏まえて、市内の家電量販店で洗濯機と乾燥機を購入し、学生たちにも手伝ってもらって、エレベーターがない学生寮の5階まで運び上げました。洗濯機はたくさんの家族が使うことを想定して、耐久性のある製品を選びました。

3人が店員から洗濯機の説明を聞いている

寮のスタッフとともに洗濯機を選ぶAARのシュクル

洗濯機を持って階段を登っている

寮に暮らす学生が搬入を手伝ってくれた

幼い子どもがいる母親のひとりは「下着や靴下の洗濯も大変ですが、大きな服は手で洗うのも乾かすのも時間がかかって困っていました。洗濯機と乾燥機を支援していただき、日本の皆さんに感謝します」と、ほっとした表情を見せてくれました。寮長のディアナさんは「私たちも避難してきた皆さんが少しでも快適な環境で暮らせるようお手伝いしています。これでお母さんたちの負担も減ると思います」と話します。

2人が洗剤を選んでいる

洗濯洗剤も支援。近所のスーパーで寮長と洗剤を選ぶAARの本間

AARは戦火を逃れて来たウクライナ難民を支えるため、ニーズに応じたきめ細かい支援を続けてまいります。皆さまのご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ご支援のお願い

AARのウクライナ緊急支援への
ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ご寄付はこちら

本間 啓大HONMA Akihiro東京事務局

大学院修了後、子ども支援の国際NGO勤務を経て2020年5月にAAR入職。東京事務局で広報を担当。新潟県出身

活動レポートTOP

すべての種類のレポート・ブログを見る

もくじ お探しのページはこちらから ページ
TOP