もくじ お探しのページはこちらから

活動レポート Report

九州南部豪雨:緊急支援物資配付と炊き出しを続けています

2020年7月9日

作業着、長靴のほかペットボトルのお茶などをお届けした熊本県人吉市の「人吉球磨きぼうの家」。右はAAR職員の大城洋作(2020年7月9日)

このたびの豪雨により亡くなられた方々に衷心よりお悔み申し上げますとともに、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。
九州南部豪雨は、熊本県内だけで死者55人/心肺停止4人/行方不明9人に上る甚大な被害をもたらしました(内閣府/7月9日午前11時現在)。被災地ではさらなる大雨に警戒しながら、懸命の復旧活動が続いています。
AAR Japan[難民を助ける会]は7月5日以降、NPO法人ピースプロジェクトと協力して、熊本県八代市、芦北町の避難所で炊き出しを実施しているほか、9日からは八代市、人吉市で被災した障がい福祉施設に衛生用品や飲料などをお届けしています。

9日に訪問した人吉市のNPO法人「人吉球磨きぼうの家」は幸い施設の被害はなかったものの、「職員や利用者の多くが球磨川沿いに住んでおり、氾らんで住宅が崩壊したり、車両が浸水したり深刻な被害を受けた人が多く、日常生活に必要な物をほとんど失った利用者もいます」(三井遼平施設長)。AARは少しでも復旧の役に立つように作業着、長靴、消毒液などをお渡ししました。社会福祉法人「人吉市社会福祉事業団」では、職員約100人のうち15人ほどが被災され、現在は分担して業務を続けているとのことで、マスク、消毒液などを届けました。また、医療法人精翠会が運営する「地域生活支援センター翠」では、洪水で床上浸水した施設の清掃作業を進める職員の方々にスポーツドリンクをご提供しました。

炊き出しチームは9日、八代市の千丁コミュニティーセンター、芦北町しろやまスカイドームで肉団子弁当と豚汁を提供しました。避難した皆さんは「温かい食事で気持ちがほっとする。ありがとう」と言いながら食事を受け取ってくださいました。炊き出しは10日以降も実施する予定です。

AARは大規模災害時、支援が届きにくい障がい者福祉団体・施設を優先して支援活動を行っています。今回は新型コロナウイルス感染対策として、できるだけ事前に情報収集を行って支援先を特定したうえで訪問し、聞き取り調査に際しては必ずマスクを着用するなど、細心の注意を払いながら活動しています。コロナ禍と豪雨の二重の困難に苦しむ被災地の方々を支え、一日も早く通常の生活に戻れるよう、皆さまの温かいご支援を重ねてお願い申し上げます。

活動レポートTOP

すべての種類のレポート・ブログを見る