もくじ お探しのページはこちらから

活動レポート Report

洪水被災地で食料など配付:パキスタン緊急支援

2022年9月1日

AAR Japan[難民を助ける会]は、洪水の被害を受けたパキスタン北西部ハイバル・パフトゥンハー州で食料、石けんなどの緊急支援物資の配付を開始しました。被災地に入ったAARイスラマバート事務所の小柳勇人が現地から報告します。

水が引き始めた被災地の写真

水が引き始めた被災地

「3メートルもの高さまで濁流が押し寄せて、商品も何もかも流されてしまった。生きていられただけで奇跡だよ」。ハイバル・パフトゥンハー州ノウシェラ郡の被災地で、小さな商店を営む男性は疲れ切った表情で話しました。

約2万8,000人が暮らすこの地区は、豪雨によるカブール川の洪水で全域が水没し、別の住民は「やっと水が引いて家に戻ってみると、一階の家具が全部流されたうえ、ドロドロに汚れてとても住める状態ではなくなっていた。しかたないので、屋上に簡易ベッドを持って上がって寝ました」。ここは日雇い労働者など貧しい住民が多く、ただでさえ苦しい生活を送っていたところに洪水が発生し、家を失い、食料も買えずに追い詰められています。

住民から被災状況を聞くAAR職員の小柳の写真

住民から被災状況を聞くAAR職員の小柳

地区長によると、ここには約300人の障がい者が生活しており、AARは8月31日、障がい者世帯に1家族あたり小麦・コメ・食用油など食料計30キロ、ミネラルウォーター、石けんなどを配布しました。ある身体障がい者の男性は「水も食料も何もなくて本当に困っていた。日本からの支援に感謝します」と話してくれました。

支援物資を届けるAAR現地スタッフの写真

支援物資を届けるAAR現地スタッフ

被災地では食料や衛生用品、日用品などが圧倒的に不足し、多くの人々が支援を待っています。被災者の命をつなぐAARの緊急支援へのご協力をお願い申し上げます。

ご支援のお願い

パキスタン洪水被災者支援への
ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ご寄付はこちら

※指定された緊急支援活動に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合は、次なる緊急支援などに活用いたします。あらかじめご了承ください。

※AARは東京都により認定NPO法人として認定されており、ご寄付は寄付金控除の対象となります。

小柳 勇人OYANAGI Yutoパキスタン事務所

民間企業勤務や教員を経て2021年12月にAARに入職、2022年3月よりパキスタン・イスラマバード事務所駐在。

活動レポートTOP

すべての種類のレポート・ブログを見る